Category: 未分類

ツーブロックの男性
0

薄毛を目立たなくする髪型について...

薄毛の人の髪型といえばいわゆるバーコード頭のイメージが強いのですが、薄毛を他の部分の髪で無理に隠そうとすると不自然な髪型になり、むしろ薄毛が目立ってしまうことになります。 薄毛が目立たない髪型を希望するのであれば、できるだけ自然にカバーする方法を検討しましょう。 男性の場合には生え際が後退するM字ハゲと、O字型に薄毛が進行する頭頂部ハゲが多いようです。 それぞれの薄毛の症状には、どのような髪型が適しているのでしょうか。 生え際の後退が気になるM字ハゲの人には、生え際以外の部分にポイントを作る髪型がおすすめです。 周囲の人たちからの注目を別の部分に集めることで、気になるM字ハゲが目立たなくなります。 サイドを短く刈り込んだツーブロックや、えりあしを長めに残したウルフカットなどがよいでしょう。 前髪を長めにする場合には左右を非対称にして、髪全体の動きを強調してみてください。 O字型に進行する頭頂部ハゲの人の場合には、髪全体を短くする髪型が適しています。 一見するとかえって頭頂部ハゲが目立ってしまうような気がするのですが、実際には頭頂部と周囲の部分との違いが目立ちにくくなるため、むしろ自然にカバーすることができるのです。 頭頂部ハゲの人には男らしい坊主頭がおすすめですが、いきなり坊主頭にするのはハードルが高くなりますし、また仕事の関係で坊主頭にできない人などもいるかもしれません。 そのような場合にはまずは長めのソフトモヒカンにして、慣れてきたらさらに少しずつ短くするという方法もあります。 薄毛の人にはツーブロックやウルフカット、坊主頭やソフトモヒカンなどの髪型がおすすめですが、さらに髪を明るい色に染めるのも薄毛対策に効果的な方法です。 髪の色が黒い日本人は髪の色と地肌の色のコントラストが強く、薄毛が目立ちやすくなります。 髪を染めて明るい茶色や金髪などにすれば、髪と地肌の色との違いが少なくなって薄毛が目立たないのです。 かつらって雨に濡れると乾かないの? 薄毛の人は髪型を工夫することで薄毛を目立たなくすることができますし、薄毛の症状が進行してしまった人の場合には坊主頭にするという選択肢もあります。 ただし髪型の工夫をしても薄毛を完全に目立たなくすることはできませんので、薄毛を完全に隠したいのであれば他の方法を検討することが必要です。 薄毛を完全に隠すための方法としては、かつらの使用があげられます。 かつらを装着すれば薄毛の部分を完全にカバーすることができますし、増毛などに比べると費用もそれほどはかかりません。 一方で安価なかつらの場合にはやはり仕上がりが不自然になりやすく、さらに手入れにも手間がかかることが多いようです。 かつらを購入するのであればある程度の費用をかけて、満足できる品質の製品を購入することをおすすめします。 かつらには様々な手入れが必要になりますが、特に雨に濡れた場合には丁寧なケアが必要になります。 天然毛で造られたかつらは雨に濡れると水を含みますので、そのまま放置するとなかなか乾かないことが多いようです。 天然毛のかつらが乾かない場合には余分な水気をタオルで吸い取ってから、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。 人口毛で造られたかつらは雨をはじくため、濡れにくく乾きやすいことがメリットになります。 ただし雨の日は周囲に不自然な印象を与えることが多くなりますので、できるだけ濡らさないように注意をしてください。 さらに人口毛でつくられたかつらは熱に弱いため、ドライヤーで乾かすと毛が縮れてしまったり、全体が退色してしまう場合などがあります。 人口毛のかつらはドライヤーは使わずに、ネットに入れて風通しの良い場所で乾かすのがよいでしょう。

ストレスを感じる男性
0

頭皮のかゆみの原因を探ろう

毎日きちんと頭を洗っているのに、なぜかしつこいかゆみが治まらないということはありませんか。 頭皮にかゆみが起きる原因はいくつもありますので、まずはその原因をつきとめて、適切に対処する必要があります。 それではその原因について見ていきましょう。 まずは接触性皮膚炎です。 ヘアケア製品や整髪料などが肌に合っていない場合、肌が刺激に対して一種のアレルギー反応を起こしている状態で、かゆみや赤みなどを起こすことがあります。 白髪染めでも起こることがありますので、使用の前にはきちんとパッチテストをして、肌に問題ないかを確かめることが大切です。 もともとアレルギー体質の場合、身体の皮膚は刺激に対して弱い状態です。 ストレスや紫外線といった、なんらかの刺激によって湿疹などの症状が引き起こされ、かゆみが発生します。 こういった症状は、ひじやひざの裏など柔らかい部分に起こりやすい傾向がありますが、頭皮に起こることもあります。 頭皮は比較的汗腺の量が多く、皮脂の分泌も盛んな場所です。 皮脂は頭皮を外部刺激から保護し、水分の蒸発を防いで肌の潤いを保つ役割があり、必要なものです。 ところが1日に何度も頭を洗うなどすると、必要な皮脂までとりのぞかれてしまい、お肌の水分が蒸発して乾燥を招きます。 乾燥した肌はバリア機能が低下して刺激に対して敏感な状態となり、ふけやかゆみを引き起こします。 皮脂が過剰に分泌されるのも問題です。 過剰な皮脂が頭皮にあると、それをエサとして真菌、つまりカビが繁殖します。 菌の増殖が原因で湿疹や炎症が起きてかゆくなります。 また、べたついた皮膚の角質が大きなかたまりで剥がれ、脂性ふけが発生することもあります。 足の指などにできることが多い水虫は、白癬菌という菌が原因です。 この白癬菌は、頭皮にも感染することがあります。こういった感染症もかゆみの原因となります。 上記のような原因の他に、過度なストレスもかゆみを引き起こすと言われています。 理由ははっきり解明されていませんが、ストレスが加わることで自律神経やホルモンバランスが崩れ、ヒスタミンが過剰分泌されるからだと考えられています。 ミコナゾールで頭皮のかゆみを改善 頭皮のかゆみの原因がわかったら、適切な対応をとりましょう。 ヘアケア商品を変えたり、白髪染めを使ったりしたとたんに湿疹やかゆみが起きたのであれば、その商品の使用を控えることで改善する可能性があります。 アレルギーの場合は、皮膚科で診察を受けるようにしましょう。 処方されたステロイド剤などを指示通りに塗布し、こまめな保湿を行います。 内服薬が処方されることもあります。乾燥がひどい場合も、こまめに保湿することが大切です。 皮脂の分泌が過剰で真菌が繁殖している脂漏性皮膚炎の場合は、放置していると進行して悪化しますので、病院を受診してください。 慢性化しやすく再発しやすい疾患ですので、根気強く治療を行う必要があります。 かゆみや炎症がひどい場合はステロイド剤を使用し、ケトコナゾールやミコナゾールなどで菌の増殖を抑えます。 ミコナゾールには優れた抗真菌作用があり、カンジダ菌や白癬菌などの感染症の治療にもよく用いられます。 乾いた清潔な手で、1日数回、指示された回数と量を守って患部に直接塗布します。 そのほかに、ストレスは適度に発散してため込まないようにすることや、睡眠をしっかりとって免疫力を高めることも大切です。 洗髪して頭皮を清潔に保つことも大切ですが、洗い過ぎないように気を付ける必要があります。… Read more

頭皮マッサージ
0

抜け毛予防には頭皮マッサージ...

ブラッシングしたときや洗髪したとき、抜ける髪の量がひどくて困っているということはありませんか。 抜け毛がひどいということは、新しい髪の毛も生えにくい状態になっている可能性が高いです。 そのままにしていると、薄毛になってしまうおそれがあります。早めに抜け毛予防の対策をとることが大切です。 毛が抜けやすくなる原因はいくつかあります。その内のひとつに、頭皮環境が悪いことが挙げられます。 頭皮環境の悪化を招く原因は、血流の悪さや乾燥、皮脂詰まりなどです。 頭は体の上部にあるために、もともと頭皮の血行は悪くなりやすい傾向があります。 そこに加齢や紫外線ダメージなどの要因が加わると、血の流れはより滞りやすくなります。 血液の役割は毛穴に酸素や栄養を届けること。 髪のもととなる毛母細胞は毛細血管から栄養を受け取って分裂を繰り返し、髪へと成長していきます。 しかし頭皮の血行が悪くなると、栄養を十分に受け取れなくなり、髪の毛がしっかり成長せずに細いままとなるのです。 すると軽くひっぱられただけでするりと抜けてしまうようになります。 また、身体のほかの部位と比べて頭皮には数多くの皮脂線が存在します。 当然皮脂の分泌量も多くなります。 頭皮を乾燥や紫外線ダメージから守るために、ある程度の皮脂量は必要なのですが、古い皮脂や過剰に分泌されてしまった皮脂は、毛穴につまって塞いでしまうなどのトラブルの原因となることがあります。 毛穴に詰まった皮脂は、そのままになっていると次第に酸化して、臭いのもとになることもあります。 さらに毛母細胞にもダメージを与えるようになり、新たに生えてきた毛がうまく成長できない原因となります。 この場合もしっかり太くならず、細く弱い髪となりますので、すぐに抜けるようになります。 効果的に抜け毛予防と改善をするなら、血行促進し余分な皮脂汚れを取り除いて清潔に保つといった、頭皮の環境を整えることがとても重要なのです。 そのために効果的なのが、頭皮マッサージです。 頭皮マッサージで頭のコリや皮脂汚れの解消 頭皮マッサージの方法は特に難しくありません。 正しい方法でやれば、効果的に血行促進し、抜け毛予防に繋がります。 抜け毛予防以外にも、マッサージで皮脂汚れが浮いて落ちやすくなるというメリットもあります。 また、顔と頭皮は繋がっていますので、顔にも嬉しい効果が期待できます。 それが顔のたるみや額のしわの解消です。 顔のたるみは、頭皮や頭の筋肉の衰えにより顔の筋肉を支えきれなくなることでも起こります。 そこで血行を良くして頭皮の状態を改善することで、リフトアップが期待できるわけです。 目を大きく開いた時に額にしわが寄ってしまうということがあります。 これは目を見開いた時に額の皮膚が上に動いても、頭皮がかたくなってしまって移動しないため。 マッサージによって頭皮のコリがほぐれて柔らかくなると、額のしわの解消にも効果が期待できます。 肩コリや首のコリは、頭皮の血行の悪さが原因となっていることがあります。 頭皮をマッサージしてほぐすことで、このコリも改善するでしょう。 マッサージは両手の指の腹を使って行います。マッサージ前に指先をもむなどして温めておくのがおすすめです。 頭の両サイド、耳の上あたりに広げて手の指先を置き、頭皮をおさえます。そのままぐいぐいと上下させましょう。… Read more

AGAになるのは遺伝なのか考える男性
0

AGAになるのは遺伝が関係しているの?...

AGAは、男性ホルモン型脱毛症という意味の英語AndrogeneticAlopeciaを略した言葉で、生え際から頭頂部にかけての部分に集中して発症するのが特徴です。 これは、この部分の毛根内部にII型5αリダクターゼが存在していることと関係しています。 何故ならAGAの原因物質のDHTは、この還元酵素が男性ホルモンのテストステロンを変換することで作り出されるからです。 ただし、DHTはAGAを引き起こす原因物質ではありますが、実は全ての人の体内に存在しています。 にもかかわらず日本人男性におけるAGAの発症頻度は約30%と半数未満で、発症しない人が過半数を占めているという状況です。 つまり、DHTが作り出されたからといって必ずAGAが発症するわけではないということです。 それではAGAはどのようにして発症するかというと、生え際から頭頂部にかけての毛乳頭細胞内に存在するアンドロゲンレセプターが鍵を握っています。 このアンドロゲンレセプターがDHTと結合すると脱毛因子のTGF-βが誘導されてヘアサイクルが狂い、本来であれば数年間は続く成長期が半年から1年程度にまで短縮されます。 すると髪の毛は太く長く成長出来なくなるので、短い状態のままで抜け落ちてしまうのです。 つまり、アンドロゲンレセプターとDHTが結合するかどうかが発症を左右するポイントとなっているのですが、これは母方から受け継ぐ男性ホルモンレセプター遺伝子の多型により決定されます。 このために、母方の祖父がAGAの場合は自身も発症する確率が高いということになります。 一方、5αリダクターゼの分量は優性遺伝により決定するので、父方から引き継ぐ可能性があります。 ちなみに、男性ホルモンレセプター遺伝子の多型と5αリダクターゼの優性遺伝の両方を受け継いでいた場合は、DHTが多く生産されるうえにアンドロゲンレセプターと効率よく結合するので、通常よりも早く進行する若ハゲと呼ばれる状態となります。 生活習慣改善で若ハゲを防止 AGAは、遺伝と密接な関係があるので発症すること自体を自力で防ぐのは困難です。 ただし、原因物質のDHTは飲酒や喫煙といった生活習慣の乱れが原因で増加するので、これらを見直すことにより多少は進行を緩やかにすることは可能です。 これは、特に若ハゲと呼ばれている若年性脱毛症の人にとっては有効です。 ちなみに、AGAはDHTの生産量と関係しており、そのもとになる材料のテストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に徐々に進行します。 日本人男性におけるトータルでの発症頻度は約30%で、年代による内訳は20代10%・30代20%・40代30%・50代以上は40数%と年齢を重ねるにつれて割合は高くなっていきます。 なお、20歳代の後半から30歳代にかけての時期に著明になるのが一般的で、若年性脱毛症とはこれよりも早いものが該当します。 つまり、20代の後半を迎えるまで髪の毛が顕著に薄くならなければ、若ハゲと呼ばれずに済むということで、とりあえずの目的はこの年代まで進行しないようにするということです。 具体的な対策としては、DHTが過剰に生産されるような行動を慎むということで、禁酒や禁煙、適度なスポーツをおこなう、良質な睡眠をしっかりとるなどが有効です。 さらに、これらに加えて食生活の改善に取り組めば効果は倍増します。 特に有効なのが、豆腐や納豆、豆乳などの大豆系食品です。 何故なら、これらには女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似している大豆イソフラボンという成分を含んでいるので、AGAの原因物質DHTの生産量自体を抑制するという効果を期待できるからです。 特に納豆には亜鉛やナットウキナーゼという有効成分を含んでいるので、若ハゲを防止するのに有効です。

シャンプー
0

女性の薄毛の原因はシャンプーの洗い残しです!...

薄毛と言うと、一般的には男性の悩みと思われています。 しかし最近は、薄毛に悩む女性も増加してきました。これは何が原因なのでしょうか。 男性と女性では、薄毛になる原因は異なります。 例えば、女性は出産するとホルモンバランスが崩れて一時的に毛が抜けて薄くなることがありますが、これは完全に女性特有の原因と言えるでしょう。 また、髪を長くしている女性は多いですが、毎日同じように髪を結わえていると髪の同じ場所が常にひっぱられた状態になるため、そこに負担がかかって抜けてしまい、薄毛になることがあります。 これを牽引性脱毛症と言いますが、これも短髪の人が多い男性にはあまり見られない原因です。 しかし、女性が薄毛になる大きな原因といえば、なんといってもシャンプーの洗い残しが挙げられるでしょう。 シャンプーは、頭皮の汚れをきちんと落とし髪も保護するために、洗浄剤をはじめとした様々な成分が配合されています。 これらはすぐに洗い流すことを前提として使われていますので、洗い残しがあって長時間肌に付着している状態になると、当然頭皮には大きな刺激となってしまうのです。 特に洗浄力や脱脂力の強い洗浄成分や合成成分などが使われている場合は刺激も強く、頭皮の炎症を招く可能性が考えられます。 炎症が起こった部分は血液の流れを滞らせ、全体の血行が悪くなります。 すると栄養や酸素が毛穴に十分に行き渡りにくくなってしまい、髪の毛は十分に成長しないまま早々と抜けてしまうのです。 また、抜けずに残った毛も充分な太さに成長せずに細くハリやコシの無い状態になりますので、全体的にボリュームが減ったように見えてしまいます。 さらに髪の毛のもととなる毛母細胞が充分な栄養を受け取れませんので、新たな毛の発育が期待できません。 頭に残ったシャンプーには皮脂や古い角質などの汚れが含まれているため、それが毛穴を塞いでしまう可能性もあります。 これも髪の成長の妨げとなり、薄毛を招くでしょう。 このように、シャンプーの洗い流しは頭皮環境を悪化させてひどい抜け毛や薄毛の原因となりますので、しっかりすすいで洗い流すことが必要です。 最近話題のボタニカルシャンプーについて 頭皮への負担という点から考えると、シャンプーそのものも刺激の少ないタイプを使うのがおすすめです。 では、どんなシャンプーが良いでしょうか。 シャンプーで最も大切なのは洗浄成分です。 パッケージの成分表示には配合量の多いものから記載するという決まりがありますので、ふつうは最も多いのが水で、その次に洗浄成分が記されています。 それを確認してみましょう。 市販されている安価なシャンプーの大半は、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naなどの洗浄力や脱脂力の強い洗浄成分が配合されています。 これは汚れ落ちも泡立ちも良いためすっきり洗うことができますが、同時に肌への刺激も強く、また、必要な皮脂や水分まで取り除くことがあります。 石けん系洗浄剤が配合されたシャンプーも、洗浄力が強いため肌に負担をかけやすいです。 おすすめなのは、アミノ酸洗浄成分がメインの洗浄剤として配合されているもので、成分名に~メチルアラニン、ココイル~などがついているのがアミノ酸洗浄成分です。 ~ベタインとついている成分も肌にとても優しい洗浄成分です。 適度な洗浄力で不要な皮脂や汚れは落として清潔に保ちながら、必要な皮脂や潤いは残してくれますので、使うほど頭皮環境が整っていくでしょう。 また、最近人気が上昇しているボタニカルシャンプーも肌に優しいシャンプーとしておすすめです。 ボタニカルとは植物由来という意味です。 ボタニカルシャンプーに厳密な定義はありませんが、ふつうは植物由来の天然成分で出来ているシャンプーのことを指しています。 洗浄成分として使われているのはアミノ酸系で、合成香料などの合成化学物質も無添加であることが多いため、刺激が少ないのが特徴です。 ボタニカルシャンプーに配合されている植物エキスや植物オイルには自然な保湿効果や消炎作用などが期待できるものが多く、地肌も髪もしっとり潤わせ、頭皮環境の改善が期待できます。… Read more

フィンペシア
0

フィナステリドを含んでいるジェネリックも効果は同じ...

男性が薄毛の治療をするときに高い改善効果が認められている成分であるフィナステリドですが、クリニックで先発医薬品を処方してもらうと費用が高額になります。 服用を中止すると効果が失われてしまう成分なので使い続ける必要があり、少しでも費用の負担を抑えたいですが、このときに役に立つのがジェネリックです。 ジェネリックは先発医薬品の特許が切れた薬品を有効成分は同じままでコーティング剤や形状を変更するなどして飲みやすいように工夫を加えた薬のことです。 製造元が異なりますが、有効成分が同じなので基本的に同じ効果が期待できます。 正確に言えばコーティング剤の違いなどがあり、全く同一のものではありません。 吸収速度等も差が出ないように検証は行われていますが微妙な違いはあります。 命にかかわるような重篤な病気に使用する場合はこの僅かな差が大きな問題になりますが、薄毛の治療に使用するフィナステリドは吸収速度の違いが命にかかわるものではないのでジェネリックでも先発医薬品と同じように使えます。 実際に薄毛に悩む男性に使われることが多く、効果が出ないなどの不満も出ていません。 有名なフィナステリドを含むジェネリックにはフィンペシアやエフペシアがあり、ネット通販で格安で購入できるので人気です。 プロペシア開発の元となった前立腺肥大症の治療薬プロスカーにもフィナステリドが含まれていますので、こちらをネット通販で購入することもできます。 また、プロスカーのジェネリックであるフィンカーも低価格ながら効果が高いとして人気があります。 こういったジェネリックは先発薬に比べて価格が安いのは当たり前なのですが、通販サイトではまとめ買いをするともっと単価が安くなる傾向があります。 厳密には先発医薬品の特許はまだ切れていないので、これらのジェネリックと呼ばれている薬はその定義から外れています。 製薬会社のあるインドが物質特許を認めていなかったため、製法が異なっていれば特許が切れる前でも製造が許可されていたことによります。 ただし、有効成分が同じであり、製薬会社もインドの大手で様々な薬を取り扱っているので、安全性に問題はありません。 なお、有効成分が同じであれば効果だけでなく副作用も同じであるため、使用方法は守る必要があります。 フィナステリドは過剰に摂取すると副作用が発生する危険性の高くなる薬なので、異常を感じたときは使用を中断して医師に相談しましょう。 たとえば、プロスカーのジェネリックであるフィンカーにもこのような副作用があります。 フィンカーを服用すると、以下の副作用が現れる可能性があります。 ・性欲減退 ・肝機能障害 ・射精障害 副作用が辛いと感じた時や、体に異常が現れた時には服用を中断し医療機関を受診して下さい。 引用元:フィンカーの通販:単品13,980円【まとめ買い25%割引】ネット総合病院 薄毛の治療効果を早く得たくなる気持ちもあるでしょうが、副作用でつらい思いをしないためにも、使用方法は必ず守るようにしましょう。 ジェネリックだと安くて手軽に服用できる ジェネリックは薬の開発にかかる費用が不要になり、効果の分かっている成分を特許料を支払わずに利用して薬の製造ができます。 この費用の削減分が薬の価格に反映されるので先発医薬品と比較して大幅に安くなるのが特徴です。 厳密にはフィナステリドのジェネリックではないフィンペシアやエフペシアもこの特徴は同じなので格安で利用できます。 ネット通販で価格には違いがありますが、安いところを利用すると先発医薬品の10分の1程度の金額で購入できるので、継続して利用しやすくなります。 ネット通販で購入するときは安さだけでなく信用性も確かめてから利用しましょう。 基本的に信用性の高いネット通販であれば利用者が多く、海外から大量に仕入れるので輸送費が削減されるため、信用性を重視したことで割高になる心配はありません。 ただし、ネット通販で送られてくる薬の成分を抜き打ちで調査したところ、記載されているものとは異なるものであることも少なくないという結果が出ているので極端に安すぎると偽薬などを送られる危険性があります。 成分の分からない薬を服用するのは非常に危険なので、信用性を最重視する必要があります。… Read more

フィナステリドとミノキシジル併用について説明する男性
0

フィナステリドとミノキシジル併用で効果が上がる...

AGAの治療ではフィナステリドとミノキシジル(ロゲイン)を併用することが多いです。 同時に使用することで相乗効果が得られますし、効率よく薄毛や抜け毛の悩みを解消できると言われています。 フィナステリドとミノキシジルは、アメリカの公的機関で発毛効果があると認められた成分です。 実際にこの2つを併用したことにより、高い効果を実感できたという人も多いです。 フィナステリドは抜け毛を防ぐという成分であり、ミノキシジルは発毛効果のある成分です。 そのため2つを併用することで発毛効果を高めることに繋がります。 どちらか片方しか使用していない場合は効果も低くなってしまうでしょう。 フィナステリドとミノキシジルはどちらも薄毛を改善するために重要な成分です。 しかし、成分の作用の仕方は全く異なることを知っておきましょう。 基本的に薬は同じ効果のあるものを重複して投与することはありません。 なぜなら同じ効果の薬を重複して投与すると副作用のリスクが高まるためです。 しかし、作用機序が異なる薬の場合、体への負担が少ないので併用されることがあります。 AGAの治療で使われるフィナステリドとミノキシジルも併用することで良い効果が得られることが分かっています。 フィナステリドには酵素の働きを抑制する効果がありますし、男性ホルモンがDHTに変化するのを防ぐことができます。 それによって少しずつ正常なヘアサイクルを取り戻すことができますし、成長期が伸びることで太い毛がしっかり伸びるようになります。 ミノキシジルにはフィナステリドの働きをサポートするという役割があります。 毛根に続く毛細血管を拡張して血流を増やすことができますし、新しい毛細血管を作り出すという働きもあるということです。 そのため髪の毛の成長に必要な栄養素をきちんと毛根まで届けられるようになります。 フィナステリドとミノキシジルを併用することで相乗効果が生まれますし、気になる薄毛や抜け毛を改善できるということです。 ミノキシジルの効果と副作用について 薄毛や抜け毛で悩んでおり、ミノキシジルという成分が気になっている人もいるでしょう。 この成分の配合されているロゲインなどの育毛剤を使いたいという場合、まずはその効果や副作用についてしっかり知っておくことが大切です。 ミノキシジルにはまず、血管を拡張して血流を良くするという効果があります。 これはもともと高血圧用の薬として作られたためであり、健康な髪の毛を保つためには血行の良さが大切です。 髪の毛は血液によって栄養素を運んでもらうことにより、太くしっかりと成長していきます。 頭皮の血行が悪いと栄養素が不足してしまいますし、きちんと成長できずに途中で抜け落ちてしまうこともあります。 そのため血行を促進することが大切です。 ミノキシジルには毛乳頭を刺激するという効果もあります。 毛乳頭細胞とは髪の毛の成長に大きく関わっている部分であり、ここから分泌される成長因子によって髪の毛は成長しているということです。 ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激してくれますし、成長因子の分泌を促進するという効果もあるため、薄毛が進行した部分にも新しい髪の毛を生やす効果が期待できます。 ミノキシジルを配合したロゲインを使う場合、副作用についても確認しておく必要があります。 主な副作用としては、頭皮の赤みや痒み、かぶれ、頭痛などとなっています。 このような副作用のリスクはかなり低いとされていますが、起こってしまう可能性もあることを理解しておきましょう。 気になる場合や不安がある場合はドクターにきちんと相談してから使い始めるのがおすすめです。… Read more