Monthly Archive: 2019-August

ツーブロックの男性
0

薄毛を目立たなくする髪型について...

薄毛の人の髪型といえばいわゆるバーコード頭のイメージが強いのですが、薄毛を他の部分の髪で無理に隠そうとすると不自然な髪型になり、むしろ薄毛が目立ってしまうことになります。 薄毛が目立たない髪型を希望するのであれば、できるだけ自然にカバーする方法を検討しましょう。 男性の場合には生え際が後退するM字ハゲと、O字型に薄毛が進行する頭頂部ハゲが多いようです。 それぞれの薄毛の症状には、どのような髪型が適しているのでしょうか。 生え際の後退が気になるM字ハゲの人には、生え際以外の部分にポイントを作る髪型がおすすめです。 周囲の人たちからの注目を別の部分に集めることで、気になるM字ハゲが目立たなくなります。 サイドを短く刈り込んだツーブロックや、えりあしを長めに残したウルフカットなどがよいでしょう。 前髪を長めにする場合には左右を非対称にして、髪全体の動きを強調してみてください。 O字型に進行する頭頂部ハゲの人の場合には、髪全体を短くする髪型が適しています。 一見するとかえって頭頂部ハゲが目立ってしまうような気がするのですが、実際には頭頂部と周囲の部分との違いが目立ちにくくなるため、むしろ自然にカバーすることができるのです。 頭頂部ハゲの人には男らしい坊主頭がおすすめですが、いきなり坊主頭にするのはハードルが高くなりますし、また仕事の関係で坊主頭にできない人などもいるかもしれません。 そのような場合にはまずは長めのソフトモヒカンにして、慣れてきたらさらに少しずつ短くするという方法もあります。 薄毛の人にはツーブロックやウルフカット、坊主頭やソフトモヒカンなどの髪型がおすすめですが、さらに髪を明るい色に染めるのも薄毛対策に効果的な方法です。 髪の色が黒い日本人は髪の色と地肌の色のコントラストが強く、薄毛が目立ちやすくなります。 髪を染めて明るい茶色や金髪などにすれば、髪と地肌の色との違いが少なくなって薄毛が目立たないのです。 かつらって雨に濡れると乾かないの? 薄毛の人は髪型を工夫することで薄毛を目立たなくすることができますし、薄毛の症状が進行してしまった人の場合には坊主頭にするという選択肢もあります。 ただし髪型の工夫をしても薄毛を完全に目立たなくすることはできませんので、薄毛を完全に隠したいのであれば他の方法を検討することが必要です。 薄毛を完全に隠すための方法としては、かつらの使用があげられます。 かつらを装着すれば薄毛の部分を完全にカバーすることができますし、増毛などに比べると費用もそれほどはかかりません。 一方で安価なかつらの場合にはやはり仕上がりが不自然になりやすく、さらに手入れにも手間がかかることが多いようです。 かつらを購入するのであればある程度の費用をかけて、満足できる品質の製品を購入することをおすすめします。 かつらには様々な手入れが必要になりますが、特に雨に濡れた場合には丁寧なケアが必要になります。 天然毛で造られたかつらは雨に濡れると水を含みますので、そのまま放置するとなかなか乾かないことが多いようです。 天然毛のかつらが乾かない場合には余分な水気をタオルで吸い取ってから、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。 人口毛で造られたかつらは雨をはじくため、濡れにくく乾きやすいことがメリットになります。 ただし雨の日は周囲に不自然な印象を与えることが多くなりますので、できるだけ濡らさないように注意をしてください。 さらに人口毛でつくられたかつらは熱に弱いため、ドライヤーで乾かすと毛が縮れてしまったり、全体が退色してしまう場合などがあります。 人口毛のかつらはドライヤーは使わずに、ネットに入れて風通しの良い場所で乾かすのがよいでしょう。